Column

2016年を振り返って

2017.01.21 UP

2017年に入りました。 改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年は、10/26にアルバム「blue's」が発売され、12/3には渋谷JZbratでLIVEも行うことが出来き、とても有意義な1年になりました。CDをご購入いただいたみなさま、そしてライブにご来場いただいたみなさま、本当にありがとうございました。
今年も引き続き表現の場をお届けできればなと思っています。

アルバム「blue's」では全曲の歌詞を書きました。自分の中に転がっていた感情を綴ったので、アルバムが出来た時やっと作品になった喜びと達成感と、、また真逆の生み下ろした後の脱力感に苛まれ、しばらくは腑抜け状態の日々でした。
そう言いつつも、アルバム発売日から1ヶ月ちょっとでLIVEが待っていたので、身を引き締めてエネルギーをシフトチェンジをし、ダンサーとの振り合わせやミュージシャンの方々との音合わせなどのリハーサルを重ねました。
イヤモニ(イヤーモニター)も初めて作り、海に潜ったような感覚に慣れるようイヤモニを使って何度も歌の練習をしました。
12/3 本番当日、ドキドキとワクワクと、歌詞が出てこないんじゃないかという不安と、でもここまで来たらやるしかないという覚悟とを背負って、ライブ会場に向かいました。
なるべく笑顔を絶やさず普段のルーティンを守りながらスタッフと本番へと準備していき、いざライブがスタートするとドーパミンが完全にMAXになり、全身全霊で今出来る全てを出して歌って踊っていました。お客様からの拍手と涙に、感謝し心が震えました。ライブが出来た事は、私にとって小さな革命になりました。
改めて音楽の素晴しさを肌身で感じました。